W折り・ジャバラ折パンフレット事例

商品数によってページ数を決めたパンフレット

商品数によってページ数を決める、のいい事例

「うちのパンフレット、何ページくらいがいいんだろうねえ」。
お客様からよく伺うご質問です。

基本的にページ数は、パンフレットに掲載したい「カテゴリー数」で決まります。
例えば今回の事例ですが、まず考えなければならないのは「商品数」。

スターバックスのコーヒー豆には「軽い風味」「重い風味」「その中間」の3つのローストがあります。
ですので、それぞれのローストを1面ずつ紹介すると、3面が必要。
1ページで1つの商品を紹介することで非常にわかりやすくなっています。

今回は「三つ折」というリーフレットになっていますが、この選択もさすがですね。
三つ折の中面を広げた時に、紹介すべき商品がすべて一覧で紹介できます。

口当たりが軽い「ブロンドロースト」は商品数が少なく、2つしかありません。
それでも1ページ使って、たっぷり余白にしてしまうところなどは、すごいなあと思います。
 

その他のパンフレット作成サンプル事例

サイトに掲載していない実績も多数ご紹介。お気軽にご相談ください。

0120-555-875

受付時間
平日 10:00~18:00

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせでも
1営業日以内にご連絡いたします。