営業パンフレット

サービスパンフレット・営業パンフレットってどのようなパンフレット?

病院パンフレットとは

法人営業や個人営業を問わず、クライアントに対して自社商品・製品やサービスを紹介するためのパンフレットです。
会社紹介が中心の会社案内ではなく、商品やサービスを紹介するためのパンフレット。
特長やメリット等、お客様のベネフィットを考えながらストーリーをもたせた展開が重要です。
また営業パンフレットに担わせる役割を明確にすることも大切。例えば高額な商材やサービスはパンフレットに担わせる役割を興味関心の醸成に限定。次の営業ステップ(デモ説明やサンプル作成等)につなげるように工夫しましょう。

【ポイント3点】クライアントに効く!営業パンフレット制作のポイント

ポイント1:パンフレットは読まれない!? 役割を明確に

営業パンフレットに情報を詰め込もうとするのはNG。
基本的にパンフレットは「読まれないツール」と考えてください。
営業パーソンが上手に商品説明するための補足ツールだったり、とにかくかっこいいパンフレットを作成して期待感を煽ったり、営業活動のある部分だけをパンフレットに担わせることが大切。役割を明確にしましょう。

ポイント2:営業のためのストーリーをもたせる

営業パンフレットは商品やサービスを購入したくなるようストーリーをもたせた構成が必要です。起承転結ですね。
制作においては御社のトップ営業パーソンも参加させましょう。営業の流れを押さえつつ、クロージングに至るキラートーク等を盛り込みます。

ポイント3:特長(差別化)とベネフィットをしっかり投入!

営業活動は自社商品・サービスの説明をする活動ではありません。
「説得」より「納得」。
商品やサービスを通してお客様に与えられるベネフィットを伝える活動。営業パンフレットにもベネフィットを掲載は必須。そのベネフィットの提供が、他社ではなく自社だからこそできる理由を商品特長を通して語っていきます。できるだけ説明にならないよう、データや第3者評価の視点ももつと効果的です。

パンフレットだけじゃない! 営業で有効なツールを交えよう

営業は総合力。
営業力のまえに、商品の良さがあり、次にマーケティング力が大切になります。営業力は本来その次。
営業力を最大限に引き出すにはパンフレットに限らず各種ツールの活用が大切。クライアントとのタッチポイントを抑えてトータルなブランディングを意識すると効果的です。
例えばパワーポイント。
パワーポイントは情報を可変できるため実質的にはメインの営業ツールになっている会社が多いと思います。
それならパワーポイントのデザインにも気を使いましょう。営業効果がぐんとたかまります。

営業パンフレットを制作会社に依頼したい。デザイン会社の選び方は

営業パンフレットの制作会社選びで大切なこと。
一番大切なのはヒアリングをしっかりしてくれるかどうか。
営業パンフレットの制作でデザイン会社に求められるのは「受注率の向上」。
そのためにはクライアントと制作会社が、制品やサービスの内容をはじめ、その特長やベネフィット、営業フローを理解しないとなりません。しっかりと時間をかけて商品・サービスを理解してもらうようにしましょう。そのうえでどのようにパンフレットを構成したら良いのか企画構成のフェーズに入ります。
提案をしてもらえれば一番ですが、難しいのであれば過去の実績を見せてもらいながら、どのような提案をしてきたかを聞いてみるとよいでしょう。引き出しをたくさん持っている会社がGoodです!

営業パンフレット制作で100人のデザイナーが選ばれる理由

1.時間をかけてしっかりヒアリング。だから企画提案に強い!

制品・サービス理解、営業ストーリーの共有等、営業パンフレットを作成する上で大切なヒアリングをしっかりおこないます。
ですので企画提案も得意。受注率・クロージング率を向上させるパンフレット制作をサポートします。

2.複数の営業パンフレットデザイン案を提案

100人のデザイナーの魅力はなんといっても複数プレゼン。コンペで複数のカタログデザインから選べるから納得&安心です。

3.パンフレットだけじゃない。パワーポイントデザインなどもOK!

弊社にはあらゆるジャンルのデザイナーとネットワークがあります。パワポデザインももちろんOK!
他ホームページや名刺・封筒などデザインのことなら何でもご相談いただけます。

最新のカタログ制作・商品・サービス案内実績

サイトに掲載していない実績も多数ご紹介。お気軽にご相談ください。

0120-555-875

受付時間
平日 10:00~18:00

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせでも
1営業日以内にご連絡いたします。