商品数によってページ数を決めたパンフレット

商品数によってページ数を決める、のいい事例

「うちのパンフレット、何ページくらいがいいんだろうねえ」。
お客様からよく伺うご質問です。

基本的にページ数は、パンフレットに掲載したい「カテゴリー数」で決まります。
例えば今回の事例ですが、まず考えなければならないのは「商品数」。

スターバックスのコーヒー豆には「軽い風味」「重い風味」「その中間」の3つのローストがあります。
ですので、それぞれのローストを1面ずつ紹介すると、3面が必要。
1ページで1つの商品を紹介することで非常にわかりやすくなっています。

今回は「三つ折」というリーフレットになっていますが、この選択もさすがですね。
三つ折の中面を広げた時に、紹介すべき商品がすべて一覧で紹介できます。

口当たりが軽い「ブロンドロースト」は商品数が少なく、2つしかありません。
それでも1ページ使って、たっぷり余白にしてしまうところなどは、すごいなあと思います。
 
IMG_0675

ご相談・ご訪問無料です。お気軽にご相談ください。

icon-tel 0120-555-875

icon-tel 0120-555-875

受付時間
平日 10:00~18:00

東 京 03-6361-0717

東 京 03-6361-0717

大 阪 06-7878-8049

大 阪 06-7878-8049

名古屋 052-766-6396

名古屋 052-766-6396

福 岡 092-600-1156

福 岡 092-600-1156

仙 台 022-706-2450

仙 台 022-706-2450

中国・四国 082-909-2665

中国・四国 082-909-2665