え?御社のパンフレット、まだSEO対策してないんですか?

SEO対策ってhtmlで吐き出されるWebページでだけ考えておけばいいんでしょ?って思っているそこのあなた。

最初に結論を申し上げます。

パンフレットにもSEO対策が必要です。

もう少し正確にいうと、

サイトに掲載するパンフレットPDFにもSEO対策が必要です。

検索エンジンはインターネット上にありさえすればPDFの中身もしっかり読んでいます。そして、htmlのWebページと何ら変わらぬロジックでそれを解析し、属性(キーワードやターゲット)を定義し、インデックスしているのです。
実際のところ、PDFのコンテンツ重要度は通常のhtmlのWebページのそれよりも相当低く、同じ努力をかけるならPDFにするよりもhtmlにした方が良いことがわかっています。
しかし、だからといってPDFではSEO対策しなくていい、という事にはなりません。
 
まして自社Webサイトとは違うコンテンツを会社案内パンフレットに載せているとなれば、そのパンフレットは十分にSEO対策の武器になりうるわけで、そうであればしっかりとSEOを考慮したPDFにして自社Webサイトに掲載すべきなのです。

生き馬の目を抜くインターネットの世界。
相手よりも一歩でも先を歩くためなら、どんなことでもしなければなりませんから。

パンフレットPDFのSEO対策ってどうやるの?

それでは、Webサイトに掲載するパンフレットPDFのSEO対策って具体的に何をすればいいのかといいますと、

  1. タイトルタグ、ディスクリプションタグをしっかり設定
  2. パンフレットの中身も、あたかもWebページを作るかの如く、SEOを意識したライティングをおこなう

通常のWebページSEOと同じですね。基本中の基本、小細工は効きません。

パンフレットPDFにタイトルタグ、ディスクリプションタグを設定する

PDFにはそれ用の設定画面があります。

ファイル > プロパティ を開いてください。
すると以下のような画面が現れるはずです。(この画像はwindows版)

PDFのプロパティ設定画面

この「タイトル」がhtmlにおけるタイトルタグ、「サブタイトル」がディスクリプションタグに相当します。
しっかり設定しておきましょう。

SEOを意識したパンフレットの中身づくり

いわずもがな、これが一番大変なことです。
100人のデザイナーでは、まずお客様に、自社のホームページに今回制作するパンフレットPDFを掲載したいかどうかお聞きします。
そして掲載するとなれば、SEOライターをアサインし、パンフレット制作の構成フェーズから原稿制作まで常に監修し、Webコンテンツとして十分力を持つパンフレットに仕上げていきます。

テクノプロ・R&D社様

沖縄科学技術大学院大学様

 
SEOライターをアサインしてパンフレットを制作すればそれは確かにSEOフレンドリーなパンフレットが制作できます。
しかしながら、SEOライティングに寄りすぎるとつまらないデザインのパンフレットになってしまうこともあります。
そのため、デザイン性を高く保ちながらのSEOライティングはライターの相当なノウハウとスキルはもちろん、自分ではコントロールできない文字量をデザインに落とし込むときのデザイナーの高いセンス、そして、それらのコンテンツを最終的に「売れるパンフレット」に導いていくディレクターの力量が問われます。

業者選定の際には、パンフレットPDFをSEOとして使えるものにするかどうかも考えながら、最適な制作会社を選ぶようにしましょう。