「オヤカク」をパンフレットで取る!

「オヤカク」って何?

「オヤカク」という言葉をご存知でしょうか。オヤカクとは、企業の採用担当者が親に内定承諾の確認(親確)を行うことです。オヤカクは、新卒就職率が上昇し、売り手市場になってきた頃から出始めました。また一学生に何社も内定が出る状況と昨今のブラック企業問題も重なり、親は子供の就職に高い関心を持ち、決定権を増してきたという背景もあります。
そのため、ネームバリューや規模が優先され、良い特徴を持っていても辞退される中小企業が多くなり、人手が足りていない中小企業にとっては切実な問題となっています。

「オヤカク」対策の有効な手段。

では、「オヤカク」対策としては、何が有効でしょうか。ある就職支援会社のアンケートでは、
トップは企業情報資料が見たいという意見がダントツで約20%でした。形式はおそらく年代から考えると紙で作成されたパンフレットのようなものだと推測されます。

「オヤカク」用パンフレットに大切なもの。

では、「オヤカク」用パンフレットはどう作るか。
普通に考えれば、親に見せるパンフレットなので、リクルート用パンフレットとは違い、親目線の資料や情報を掲載することが必須となるでしょう。これは最優先事項です。
しかし、忘れてならないのは、「学生を後押し」要素を入れることです。
作成時には、どうしても「親」と「自社」を軸に考えがちですが、最終目的は、「内定を出した学生」に選んでもらうことです。
その点、学生の立場からも「この会社を選んだ自分は正しいでしょう」という自信を後押してあげる要素も必要になります。

「オヤカク」用パンフレットは、比較的新しい「パンフレット」なので、事例も多くありません。
ただ、ターゲットに正しい情報を届けることにおいては、すべてに通じます。
その点、当社は会社案内・リクルート用パンフレット等、豊富な実績がありますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

あわせて読みたい

サイトに掲載していない実績も多数ご紹介。お気軽にご相談ください。

0120-555-875

受付時間
平日 10:00~18:00

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせでも
1営業日以内にご連絡いたします。