商品カタログ

引き上げ率を上げる工夫を考えたEC商品のパンフレットデザイン

ブランディングと購入していただくための理由付けが大切。

ECサイトや通信販売のカタログでイの一番に考えることは引き上げ率UP。
引き上げ率とは通販業界でよく使う言葉でリピート率のことです。

ECサイト等の大まかな販売施策は
→メディアへの掲載やSEO対策→通販サイトへのランディング→購入→商品発送→リピート獲得
このような流れで商品を販売しますが、費用対効果を可能な限り高めることを重視しています。

リピートしていただけるお客様をどう獲得するかが戦略のキモにあたるので、
まずはお得な価格で試用的に商品を購入してもらうことをおこなっている会社が多いといえます。

そこで大切なのはリピートを獲得するためのカタログになります。
商品の魅力を「心で」感じて、「頭で」理解してもらう必要があります。

心で感じる部分は商品のブランディングです。
この商品を購入し続けたいというデザイン性やファッション性の部分をいかに魅力的にするかが重要です。

頭で理解する部分は、商品を購入する「理由付け」です。
世の中にはすばらしい商品やおいしい商品はたくさんあります。ですからお客様にとって商品が必要な理由をきちんと伝えて、頭で理解してもらう。
極端な話、「おいしくなくても、自分にとっては大事」という理由をきちんと書き込んでリピートにつなげます。

カタログにはブランドとその理由がつめ込まれています。

その他のカタログ制作・商品・サービス案内実績

サイトに掲載していない実績も多数ご紹介。お気軽にご相談ください。

0120-555-875

受付時間
平日 10:00~18:00

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせでも
1営業日以内にご連絡いたします。