三つ折りパンフレット制作

三つ折りパンフレットってどういうパンフレット?

三つ折りパンフレットとは、1枚の用紙を三つ折りしたパンフレットです。
折りたたんだ状態のことを印刷用語で「仕上がり」といいますが、「仕上がりA4・三つ折りパンフレット」なら、完成品のサイズがA4の状態のこと。パンフレットを広げるとA4の用紙が3枚並ぶ仕様です。
「仕上がり」のサイズをつける理由ですが、三つ折りというと俗にゆうA4三つ折りリーフレット(仕上がり210×100mm=A4を3等分したサイズ)と混同するためです。
「折り」がつくパンフレットにはもう1点複雑なことがあります。それが折り方。
「三つ折り」には、「巻三つ折り」という内側に折りたたむ様式と、「外折またはZ折り」という外側に折りたたむ仕様があり、それぞれ「仕上がりA4・巻三つ折り」「仕上がりA4・外折り(Z折り)」といいます。
うーん、ややこしい(笑)イラストや現物を見て覚えるのが一番ですので下記にてイラストでご紹介します。

三つ折りパンフレットとは

【ポイント3点!】三つ折りパンフレットデザイン成功のポイント

1.三つ折りパンフレットの特徴=「広さ」を活かそう

三つ折りパンフレットはホチキスで綴じる形式の中綴じ冊子にはない特徴があります。
それは広げたときの「広さ」。
仕上がりA4・三つ折りパンフレットを広げると、A4が横に3枚並ぶことになります。
この広さを上手く活かすと三つ折りパンフレットの面白さを活かすことができます。

2.中面の活かし方を考える

ページを広く使うことができることが三つ折りパンフレット。
その特徴を発揮するのは中面です。
A4×3枚のワイド感を活かし、例えば商品説明を左ページから右ページまで一気通貫で使ったり、社歴を一気に読ませたり。使い方によってアイデアに溢れた使い方ができるのが三つ折りパンフレットです。

3.三つ折りパンフレットだけじゃない! 目的に適した折り方を選ぼう

折パンフレットは三つ折りだけじゃありません。
合計8ページになる観音開きやクロス折(十字折り)、蛇腹折り、w折り等、様々な仕様があります。
大切なのは構成をどのように見せるか。
例えば4つのサービスを一気に見せるなら観音開きという選択肢もあります。是非ページ構成から折加工を考えてみてください。

三つ折りパンフレットを制作会社に依頼したい。デザイン会社の選び方は

三つ折りパンフレットはページ構成で面白さが引き立つパンフレットです。
低価格に抑えたい場合は、テンプレートを活用するデザイン会社や印刷会社に依頼するのがベスト。
三つ折りの特性を活かして、ページ構成の面白さを引き出したいなら、提案力のある営業やディレクターがいる会社がオススメ。
100人のデザイナーなら数多くの実績に基づいたご提案ができます。是非お気軽にお問合せください。

三つ折りパンフレット制作で100人のデザイナーが選ばれる理由

1.複数の三つ折りパンフレットデザイン案が提案される

100人のデザイナーの魅力はなんといっても複数プレゼン。コンペで複数のデザインから選べるから納得&安心です。

2.台割、原稿作成、写真撮影まで一切お任せ

三つ折りパンフレットの面白さは構成にあります。
そのページ構成をディレクターがしっかりサポート。豊富なデザイン事例をもとに、いろいろなアイデアをご提供させていただきます。

3.三つ折りパンフレットの実績が豊富

三つ折りパンフレットの実績が豊富です。
実際のデザイン事例を見ながらのお打合せも可能です。是非お気軽にお問合せください。

最新の三つ折りパンフレット実績

サイトに掲載していない実績も多数ご紹介。お気軽にご相談ください。

0120-555-875

受付時間
平日 10:00~18:00

メールでのお問い合わせ

メールでのお問い合わせでも
1営業日以内にご連絡いたします。