思わず中を見たくなるパンフレットの表紙とは

「パンフレットは表紙が9割!」
…なんて、やや過剰な表現になってしまいましたが、あながち間違ってはいないと思います。
本屋さんでつい手に取ってしまう雑誌に共通しているのも、結局は「魅力的な表紙」、だったりするんですよね。
パンフレットも同じ。
いくら中身にこだわっても、表紙のデザインがよくなければ1ページ目すら開いてもらえないことだって、ありうるのです。

表紙がイマイチなパンフレットは損をする!?

パンフレットは、企業理念やメッセージを顧客に伝えるための大切なツール。一生懸命に時間とコストをかけてパンフレットを制作したものの、表紙を見た顧客が「これは私には関係ない会社だ」「中身を見るまでもないな」なんて思ったのでは本末転倒です。
がんばってつくったパンフレットなのに、入り口となる表紙で損するのはもったいないですよね。もっとも伝えたいメッセージを、ターゲットとする人たちに伝えるためには、やはり第一印象を決める魅力的な表紙を考えることが重要です。

つい中身を見てみたくなる表紙の条件とは。

とはいえ、「じゃあどんな表紙なら見てもらえるの?」とお思いの方も少なくないでしょう。いわゆる“刺さる表紙デザイン”の基本的な条件を以下にまとめてみました。

①ひと目でコンセプトが伝わるデザイン

表紙が重要たる理由は、ターゲットとする人に対して伝えたいことを一瞬で伝えられる場所だから。いわば、パンフレットの表紙は会社の顔といっても過言ではないでしょう。会社の持つコンセプトが、写真やコピーなどではっきりと、かつシンプルに表現されているかを見直しましょう。
例は、パッと見ただけで「サッカーのユニフォームをオリジナルでつくってくれる会社なんだ」ということが非常にわかりやすく表現されています。

<スポーツサクライ株式会社 様>
スポーツサクライ株式会社
 

②ターゲットに刺さるトーン

性別や年齢層、業種、業界など、パンフレットを誰に見てもらいたいのか、見てくれた人にどのような行動を起こしてほしいのか、パンフレットの表紙デザインを決める前にしっかりと設定しておくことが大切です。もちろん、各層に対して単に擦り寄るだけでなく、時に「なるほど、こうきたか!」と思わせるような意外性あるデザインも必要。
色の濃淡やチョイスする写真の雰囲気、コピーのテイストなど、ターゲットのペルソナを元にじっくりと吟味していきましょう。
例は、東京在住の働きたい高校生をターゲットにした、トレンド感あふれる表紙。

<ヤマト運輸株式会社様>
ヤマト運輸株式会社
 

③わかりやすく見やすいキャッチコピー

パンフレットの表紙は中身のページに比べ、載せられる情報は決して多くありません。そうした制約の中でいかに簡潔に、しかもわかりやすくコンセプトを伝えられるかは、キャッチコピーの出来にかかっているといってもいいでしょう。
文言の内容だけでなく、それを表現するフォントや配置、細かいところでいうと字間なども印象を左右しますので、気配りが必要です。

<名川・岡村法律事務所>
名川岡村法律事務所
 

④他と差をつける材質の用紙

高価なサービスであったり、あるいは安さや素朴さを売りにした製品であったりなど、扱う商材に合わせて材質を変えてみるのも手です。光沢のある厚めの紙なら高級感を、エコペーパーのような素材ならナチュラル感や親しみやすさを表現できます。

⑤従来のイメージを払拭するデザイン

もしも、これまでの顧客に加えて新たな層を取り込みたいという経営方針がおありなら、従来のイメージをがらりと変えるような斬新さを表現する表紙もありでしょう。たとえば、高齢者がメインターゲットと思われがちな葬儀やお墓ですが、実は本来情報を必要としているのは、その子どもたち世代だったりします。
最新のパンフレットでは、静謐な雰囲気の中にもどこか今っぽさを取り入れたスタイリッシュな表紙デザインで、若い世代の人たちの目を惹いています。

<有限会社菅谷葬儀社様>
菅谷葬儀社
 
<いずみ産業株式会社>
いずみ産業
 

【まとめ】魅力的なパンフレットの表紙って?

せっかくパンフレットをつくるなら、本当に見てもらいたい人の心を鷲掴みにできるようなものをつくりたいですよね。
冒頭では「表紙が9割!」なんて豪語してしまっていますが、要は「中身を見てもらえる表紙かどうか」ということです。だって、どの会社さんも中身のページ制作は愛社精神と情熱をもって熱心に取り組まれますから。
だからこそ、表紙を見てサヨナラ〜なんて、悲しいですよね。
最近では紙媒体で情報収集をする人は減ってきていますが、それでもパンフレットは会社にとって重要なツール。営業ツールであり、採用ツールであり、ブランディングツールであり、大事なものです。「どうせ見ないでしょ」ではなくて、「見てもらえるパンフレットって何だろう」「私たちの会社の魅力を伝えるにはどう工夫したらいいだろう」的な視点で考えてみるのもおもしろいかもしれませんよ。