売れるパンフレットの構成はコレ。模範的構成のパンフレットデザイン

売れる商品はビジネスモデルがしっかり。だからパンフレットの構成も「超」優秀。

もこみちさんのクッキングではないですが、これはウマイ!

何がウマイかというとパンフレットの構成です。

このパンフレットは12ページ程度の薄いパンフレットですが、構成の起承転結と盛り込みたい要素がぎっしり詰まっています。
ザ・売れるパンフレット。といえそうです。

さて、どこが売れるポイントかというと、以下の4つです。
(もう1点あってもいいものがありますが、それはここでは触れません)
1.わかりやすいベネフィット(結果・実績)
2.第三者による評価
3.客観的データ
4.魅力的なデザイン(欲しくなるデザイン)

わかりやすいベネフィットとはこの商品の場合、「美しい肉体が簡単に手に入る」というものです。
そのベネフィットを第三者であり、美しい筋肉美の象徴ともいえるクリスティアーノ・ロナルドを愛用者として紹介しつつ、裏付けされた研究データで紹介します。しかも魅力的なプロダクトデザインやパンフレットデザインで。

このような条件がそろうと商品は売れるのでしょう。
逆に言うとこれらの要素を打ち出せる商品開発やマーケティングをおこなったということです。
ビジネスの作り方のうまさと言えそうです。

さて、パンフレットの構成は非常にシンプルですが、売れる王道です。
売れるポイントがこれだけ明確であれば、「売れるパンレットのテンプレート」に当て込んでいけばいいだけです。

・見開き→プロローグ(ベネフィットを美しく象徴的に紹介)
このパンフレットでは、ロナウドが自署のサインをした挨拶文を掲載しています。本当にうまい・・・

製品パンフレットデザイン中面(プロローグページ)
 
・効果の研究実証データのページ
先生と研究データの紹介です。単なる上っ面だけでなく、研究結果に裏付けされた商品であることがPRされています。
 
製品パンフレットデザイン中面(効果の様子と実証実験の結果)
 
・利用方法ページ
利用がいかに手軽で簡単、毎日飽きずにできるかが記載されています。
 
製品パンフレットデザイン中面(ウォームアップからクールダウンまでの流れ)
 
・仕様ページ
製品では必ず必要なページですね。

このように、パンフレットは、
期待感→ベネフィット→裏付けされた理由→愛用者の紹介→利用方法等というように「ベネフィット→理由→さらにひと押し(小さなベネフィット)」という流れが大切です。

売れるパンフレット、作りたいですね。

ご相談・ご訪問無料です。お気軽にご相談ください。

icon-tel 0120-555-875

icon-tel 0120-555-875

受付時間
平日 10:00~18:00

東 京 03-6361-0717

東 京 03-6361-0717

大 阪 06-7878-8049

大 阪 06-7878-8049

名古屋 052-766-6396

名古屋 052-766-6396

福 岡 092-600-1156

福 岡 092-600-1156

仙 台 022-706-2450

仙 台 022-706-2450

中国・四国 082-909-2665

中国・四国 082-909-2665